私と講師のやり取り

実際にオンライン英会話「hanaso」の1回目のレッスンを再現したいと思います。 尚、オンライン英会話「hanaso」への申し込みから講師の予約までの手順は、hanasoに書きましたので参考にしてください。 尚、1回目は教材を使わず、私と講師が自由に話すことができるフリートークレッスンを選びました。

いよいよ、オンライン英会話の1回目当日。 何度もレッスン時間を確認したりして落ち着かない私。 レッスン開始約1時間前に再び「hanaso」から「もうすぐ始まりますよ~、スカイプの準備、大丈夫ですか~」という確認メールが来ました。その辺はさすがですね。

レッスン前

レッスン前に何度もホームページでレッスン開始までの手順をチェック。スカイプに講師の方から『「コンタクトに加えて下さい」というリクエストが届いたら、許可して、準備OK』ということだったので、ドキドキしながら今か今かと待っていました。 開始10分前。まだリクエストが来ない。「もしかしてスカイプIDの登録を間違っちゃったかな?」と焦って、もう一度「hanaso」のマイページを開いてスカイプIDが間違っていないことを確認。

そして、万が一講師から連絡が来なかった場合の対処法も確認して、再び待つこと数分。レッスン5分前になってようやく講師からのコンタクト追加リクエストが届き、許可して、スタンバイOK。

レッスン開始

びっくりする位、時間ぴったりに講師から着信があり、いよいよ開始。 ここからは実際の講師とのやりとりを再現します。

講師:Hello? Can you hear me? Hello?
(ハロー!聞こえてる?ハロー??)
私:Hello! Yes! I can hear you!
(ハロー!はい、ちゃんと聞こえてます!)

まず、インターネットとスカイプの通信状況の確認。 海外在住の講師との間の通話なので、音声と画像の伝達に少々遅れが発生するようでした。先に音声が届き、そのあと画像が映し出される感じでした。講師から「聞こえてる?」と聞かれて「はい大丈夫です」と即答しても、すこし遅れがあるからなのか、沈黙の瞬間があり、双方「???」となってしまって、始まりはちょっとドキドキしました。

その後、講師から「画像が見えなくてちょっと心配しちゃったわ~」とか「こっちは聞こえてよ。そっちも大丈夫だね、よかった」という返信があり、お互い笑顔で始められました。 さて、音声の状態が確認できたら、次は挨拶と自己紹介です。

講師:Firstly, welcome to Hanaso English!
(まず最初に、Hanaso英会話へようこそ!)
私:Thank you
(ありがとうございます)

講師:Okay. I would like to start with introducing each other. I will do first so you know how to do it. Is it okay?
(それでは、まずお互いの挨拶と自己紹介から始めたいと思います。私が先にしますので、そのあと同じようにやってもらえたらと思いますが、それで良かったですか?)
私:Okay!
(大丈夫です!)

ここから具体的に挨拶と自己紹介をしました。

講師:Hi! My name is ○○.I am living in ○○city in Philippine. I like movie and listening music. I had worked in call center for three years and most of customer was an American so I dealing with them in English.So, how about you?
(こんにちは、○○(私の名前)私の名前は○○です。私はフィリピンの○○というところに住んでいます。趣味は映画観賞と音楽鑑賞です。3年間ほどコールセンターで働いた経験があり、そこではアメリカのお客様の対応を主にしていました。それでは、○○さんの自己紹介もお願いします。)
私:Hi, my name is ○○. I am Japanese but I'm living in Australia for a while. I like movies and listening music, reading books, and also cooking….that's all..
(こんにちは、○○。私の名前は○○です。私は日本人ですが、今、オーストラリアに住んでいます。趣味は映画観賞、音楽鑑賞、そして読書、料理です。…以上です。)

講師:Okay. Why do you live in Australia? Is it for a work or study?
(なるほど。今、オーストラリアに住んでいるのは、学校の為ですか?それともお仕事関係ですか?)
私:My husband got a job here, so, I live here with my family.
(主人の仕事の関係で、家族でこちらに住んでいます。)

その後、私の自己紹介の内容を元に、講師が色々と質問する形でレッスンが進んで行きました。家族のこと、自分たちのこれまでの軌跡、など、私としては一番話がしやすいトピックだったので、自然と力も抜けてリラックスしながら話をすることができました。

講師:So, you lived in Malaysia before, which country would you prefer to live in?
(以前はマレーシアに住んでいたということだけど、マレーシアとオーストラリア、どちらの国が住みやすいですか?)
私:Australia!! or rather I do not want to live in Malaysia anymore, to be honest…
(オーストラリアです!というか、正直なところ、マレーシアにはもう住みたくないです!(私の即答ぶりに思わず講師爆笑!))

講師:ahahaha… what made you feel that way and what is so different between Malaysia and Australia?
((しばらく笑った後で)何がそんなに嫌なんでしょう?というか、どこがそんなに違っているんでしょう?)
私:ah…. So many things are different…but a main thing is, I think living in Australia is much safer than living in Malaysia.
(違うところはいっぱいありますが。。。特に違っていると思う点は、オーストラリアでの生活の方がマレーシアよりもずっと安全に暮らせる気がします。)
When I was living in Malaysia, I had to be alert all the time because there was possibility to be mugged or attacked any time of the day especially with my kids so I couldn't feel relaxed outside of my house.
(マレーシアに住んでいた頃は常に、窃盗や暴行など、身の危険と隣り合わせだったので、常に気を張っていないと行けなくて疲れました。子ども連れの時は特にですね。家の外でリラックスできたことなんてありませんでしたから。)

私が話している間、講師も一生懸命、私が話しているのを聞こうとしてくれているのが画像を通してよくわかります。その都度うなづいてくれたり、笑ったりするなどリアクションをくれるので、話している途中で不安になったり、恥ずかしくなることもなく、最後まで自分の言いたいことを話すことができました。

また、途中でつまずいたり、言いたい表現が思いつかなかったりしても、講師から「こういうことかな?」のように、ヘルプしてくれる点もすごく良かったです。 私が話しやすいように上手に導いてくれる講師でした。

25分間のレッスンを終えて

1回目のレッスン内容を「フリートーク」に設定したので、挨拶、自己紹介から始まり、それ以降は、講師の質問に私が答えるという形式でレッスンが進みました。 思いのほか、会話が続けられて面白かったです。

25分の割り振りは以下の通り。

  • 挨拶と自己紹介:5分
  • 自己紹介を元にしたフリートーク:20分

レッスン終了後

実は、私も講師も今回のレッスン時間である25分を過ぎていることに気づきませんでした。 講師は焦って「あら、もうこんな時間。レッスン終了です。じゃあ、また今度~」と言って終わりました。 フリートークは「とにかく英会話に慣れたい」という人に最適だと思いました。 一方、自分の苦手な部分を指摘してもらいながら英会話をしたい人は、「どんな内容のレッスンを受けたいのか?」「自分はどのレベルなのか?」「どんなテキストを使いたいのか?」を予約の段階でしっかり伝えるようにしましょう。

そして、スカイプ電話を切った直後に、講師からとても温かいメッセージをもらいました。これは結構嬉しかったです。

実際に貰ったメッセージ

It was nice to meet you.
(今日はあなたと会えて良かったわ)
Thank you for having a lesson. Have a nice day. See you.
(レッスンを受講してくれてありがとう。それではまた会いましょう。良い一日を。)

ちなみに、このメッセージの文末には絵文字が添えられていて、とっても茶目っけたっぷりな感じで、思わず笑みがこぼれた。

フィードバック

レッスン後、マイページを開いてみると、講師からのフィードバックが届いていました。 結構ゆる~い感じの英会話レッスンだったので、特記することもないだろうと思っていましたけど、実際に届いていたフィードバックではいろいろなことが書いてあってちょっとびっくり。

例えば、「レッスン内容、テキスト」の項目では以下のように書かれていました。

We had introductions and we talked about ○○-san's family's stay in Malaysia vs Australia.
(互いの自己紹介を経て、○○さんのご家族のマレーシアでの生活とオーストラリアでの生活の違いについて話しました。)

そして「講師からのメッセージ」の項目には以下のようなアドバイスが書かれていました。

If ever you'll take lesson with us, I recommend you take Topic Talk Lesson, In Topic Talk, you get to learn new vocabularies and practice English conversation. You can also do Web News Lesson and Free Talking.
(もし、今後、私達Hanasoでレッスンを受講する場合には「トピックレッスン」をお勧めします。「トピックレッスン」なら新しい語彙も増やせるし英会話の練習にもなります。同時に、ウェブニュースレッスンやフリートークもできるでしょう。)

最後に「コレクション」という項目には講師が気になった個所、修正すべきところがピックアップされていました。

文法(訂正後):Many things are different~~~~
(違うところが沢山あります)
文法(訂正後):It feels safer living here~~~~
(ここではより安心して生活できます)

今回のレッスンは、まるで、知り合いと話しているようなすごくカジュアルな雰囲気で純粋に英会話を楽しむことができました。

尚、今回、私が受けた「hanaso」の無料レッスンの申込み方法は以下の公式情報で確認できます。

このページの先頭へ