どんなレッスンが受けられるのか

前回、「hanaso」と「産経オンライン英会話」の25分間レッスンの様子をお伝えしました。 以下のページでは、講師と私の会話を忠実に再現しましたので、実際にオンライン英会話でどんなレッスンをするのかがイメージできると思います。

今回は、「hanaso」と「産経オンライン英会話」のそれぞれのレッスンがどんな感じだったのか、詳しく評価してみたいと思います。

評価項目は全部で10項目(講師の数、講師の質、発音、レッスンの進め方、通信状況、会員ページの使いやすさ、カリキュラム・教材の種類、授業の受けやすさ、サポート体制、料金) それぞれの項目は5段階で評価しました。

目次

hanasoを5段階で評価してみた

講師数

総講師数(hanasoの場合は400名以上)がいくら多くても、自分の希望に沿った条件で予約できる講師となると、グッと少なくなります。 実際、午前中の時間帯で年齢層や講師の得意分野、性別限定などを加えて検索した結果、選択できる講師数は12~15人位でした。すべてフィリピン人でした。

個人的には多すぎると講師を絞るのが大変なので、「10人以上15人未満位がちょうどいいかな?」と思いました。 ということで、hanasoの講師数に関しては特に不満はなかったです。

講師の質

希望の条件で検索した結果、ヒットした講師の音声もしくは映像は確認できます。 実際に自分の条件に合った講師すべての音声を確認しましたが、発音に関して、少々難あり(というか癖がある感じ?)の講師がいたのも事実です。 というわけで、講師の発音は事前に確認する必要があると思います。

では、実際にレッスンを担当してくれた2人の講師の発音について評価したいと思います。

1回目
そこまで気になる程の癖はありませんでしたが、声のトーンが低いというか、通る感じではなく暗い雰囲気もあり、最初は少々戸惑いました。

2回目
声のトーンが高く、聞きとり易かったです。始終テンションも高かったし、発音もネイティブ並みとまでは行かなくても、そこまで気なる癖もなく、許容範囲でした。

レッスンの進め方

1回目
1回目は「フリートーク」でレッスンをお願いしていたこともあり、「レッスンの流れを決めて進める」という感じは一切なく、ある意味「ゆる~い流れで会話を楽しんで終了」という流れでした。 「フリートーク」でレッスンを受けてみて「フリートークのようなスタイルは好みが別れるのでは?」と思いました。

2回目
2回目は特定のトピックで会話をする「トピックトーク」でお願いしました、講師の方から色々な「トピックトーク」を提案をしてくれたお陰でスムーズ且つ有効にレッスンを進めることができ、とても満足できました。

予約のしやすさと講師の選びやすさ

予約ページも見やすいし、マニュアルを読まなくても直感で操作がわかり、簡単に予約できます。 講師の選びやすさに関しても、ある程度まで自分の希望に合わせた講師の絞り込みもできるので、手間が省けていいと思います。

通信状況

2回のレッスンともに通信が途絶えることはなく、最後まで安定していました。海外に住む講師とのスカイプですが、そんな距離も感じさせないくらい、安定していました。

会員ページの使い勝手

会員ページはシンプルで見やすく、使い勝手は良いです。 レッスン履歴を見る時も、カレンダーに講師の写真付きで表示されるのでレッスン日の確認も容易です。もし、複数の講師にレッスンを受けている場合でも、いつ誰のレッスンを受けたのかが一目瞭然なので、とても便利だと思います。

講師からのレッスンレポートには、講師からのフォローアップコメントの下に「コレクション」「単語・フレーズ」「レッスンメモ」というセクションがあるのですが、これが結構使える便利ツールにもなっています。

例えば、レッスン中に使った新しい単語やフレーズを「単語・フレーズ」に登録していけば、レッスンを重ねるごとにどんどん語彙を増やせる上に、必要な時に自分専用の辞書として使うこともできます。 この機能はとても助かります。

更に、レッスン中の気付き、次回から気を付けたいこと、講師からのアドバイス、などは「レッスンメモ」に残しておくことができます。この「レッスンメモ」は次回からのレッスンはもちろん、今後の自分の英会話学習にも有効活用できます。これは便利。

レッスンの受けやすさ

1回目(フリートーク)
良かった点
全体的にとてもカジュアルな感じだったので、緊張することなく最後までスムーズでした。

不満な点
とにかく始終、ゆる~い雰囲気での英会話レッスンだったので、自分の悪い癖を正すチャンスや文法についてのちょっとしたアドバイスなどは期待できませんでした。 また、声のトーンが低めで通りにくい印象を受けました。これは、予約するときに確認できる「講師の自己紹介の音声&映像」では気付くことができませんでした。

2回目(トピックトーク)
良かった点
とにかく身ぶり手ぶりが大きく、テンションが高めだったので、こちらも自然とテンションが上がって、いつもよりもスムーズに英会話ができました。 また、自分が苦手とする場面を想定したレッスンを提案してくれるなど、すごく役立つ英会話練習ができました。講師が色々と提案して引っ張って行ってくれたので、時間も無駄にせずに済みました。 さらに「いかにもレッスンしてます」という雰囲気がなかったので、気分的にリラックスして会話を楽しむことができました。

不満な点
特にありません。

2人とも、思っていたよりもずっとリラックスしてレッスンを受けることができたので、全体的な印象はとても良かったのです。ただ、文法的な間違いを逐一訂正しながらレッスンを受けたいという人にはちょっと不向きかな?も思いました。

サポート体制

特記するような素晴らしいサポート体制がある訳ではないですが、頻繁にサポート事務局からメールで色んな情報を提供してくれますし、困った時の問い合わせに対しても24時間以内には返信があります。ということで学習したいことがはっきりしており、自分のペースでレッスンを受けたいと言う人には「hanaso」は向いていると思います。

ただ、「カリキュラムや学習レベルに関した相談など専門的なサポートを随時受けたい」という人には物足りないかもしれません。

料金

例えば毎日2回(1回25分)のレッスンなら月額9600円(初月は半額の4800円)で受けられます。 1レッスン辺りに換算する155円。 英会話スクールに通ったことがある人なら、比べものにならないほど安いことがわかるでしょう。

産経オンライン英会話の感想と評価

講師数

時間帯や性別、年齢層及び講師歴など、自分の希望で絞り込んだ結果、ヒットした講師数は10人。まずまずという感じですね。理想を言えば「もう少しヒットする講師がいても良いかな」という気もしましたが、逆に、ヒット数が多過ぎると講師の選別に時間がかかり過ぎてしまうかもしれないので、不満に感じるほどではありませんでした。

講師の質

今回のレッスンでお世話になった2人の講師は、非常にレベルが高い印象です。さすがは、講師採用率5パーセントという難関をクリアしただけあり、発音も比較的きれいでしたし、レッスンの進め方も慣れていて、安心してレッスンを受けることができました。 ちなみに、「産経オンライン英会話の講師数は他のオンライン大手に比べて若干少なめ」という人もいるようですが、それはおそらく、講師の量より質にこだわって選定しているからだと思います。

予約のしやすさ・講師の選びやすさ

講師の条件を色々と変えて、どれくらいの数の講師がヒットするのか試してみましたが、どんな条件で検索してもヒットする講師数がゼロとなることはありませんでした。 ということなので、どの時間帯でも自分の希望に合った講師を探すことができることでしょう。 あと、講師を選ぶときに10項目の条件を指定できるので、自分にとって最適な講師を選ぶことができます。

通信状況

1回目のときは通信状況は最初から最後まで非常に安定していました。 ただ、2回目のときに一瞬画像が途絶えたり、止まったりすることはありましたが、音声はクリアに聞こえていたので、レッスンには支障はありませんでした。この程度のアクシデントは仕方がないかな?

会員ページの使い勝手

会員ページのトップには受講生が一番見るであろう「予約状況」「レッスン履歴」「講師からのフォローアップレポート」が一度に閲覧できるようになっています。 シンプルで見やすく、個人的にはとても好感が持てました。

教材

何から始めていいのかわからない人のための初級レベルの教材。 ある程度の英会話力がある中級以上レベル向けの教材は2種類あります。 その他、フリートーク、ビジネス英会話、職業別英会話などシチュエーション別の教材、中学生が使っている英語の教科書に沿ったレッスンテキストなどもあって、興味深かったです。

尚、どの教材にも英語だけでなく日本語訳も付いているので、どんな流れでレッスンを進めていくのかかがわかります。

さらに、教材の後半には、いくつかのトピックが用意されており、そのトピックに沿った質疑応答もできる仕組みになっています。これで実践ですぐに使えるフレーズが簡単に身に付くでしょう。

レッスンの受けやすさ

1回目(フリートーク)
良かった点
終始カジュアルな雰囲気で緊張することなくレッスンができて良かったです。 また、自分の興味のある部分にフォーカスして話でレッスンを進めてもらったので、言いたいことが頭に浮かびやすく、「話せる」という実感が味わえました。 しかも、講師は始終笑顔で、発音も良く、声のトーンも高めで柔らかく、とにかく人当たりがとても良い感じでした。

不満だった点
全体的にゆるい感じのカジュアルトークだったので、講師から文法的なミスや発音を指摘されることはありませんでした。ということで、文法や発音を勉強したい人はフリートークレッスンは選ばないようにしてください。

2回目(デイリーニュース記事)
良かった点
まず、デイリーニュース記事の音読からはじまったのですが、知らない単語や発音の間違いをその都度訂正してもらえたので、とても助かりました。 音読が終わった後は、デイリーニュース記事についてのディスカッションをしたのですが、「英語で自分の意見を述べる」という高度な練習ができて良かったです。 ニュース記事を使ったレッスンでは新しい言い回しが学べるがメリットだと感じました。

不満だった点
レッスンが始まってから講師がニュース記事の選定をしていたので、貴重なレッスン時間が少し削られてしまってもったいなかったです。予め準備していてほしかったです。

2人とも不満な点は少々ありましたが、総合的には満足のいくレッスンをして下さったのでよかったです。

サポート体制

スカイプのインストールはもちろん、使い方やトラブルについての丁寧な説明も見ることができ、万全のサポート体制が整っていました。 また、レッスン後のフォローアップレポートももらえましたし、定期的に特別レッスン予告や期間限定の割引情報などもメールで送ってもらえます。 ただ、レッスン内容や学習成果、進め方に特化したサポートがなかったのがちょっと残念。

料金プラン

1日1回25分レッスンプランで5980円、1日2回プランで9800円とう価格設定は良心的ですね。 これ以外にも、週末毎日50分プラン(金・土・日の3日間、毎日最大2回のレッスンが受けられて月々5980円)というのもあって、こちらは週末の時間を使って集中的にレッスンを受けられるという面白いプランです。会社勤務の人はもちろん、平日なかなか時間が取りにくい人などにはとても有り難いプランだと思いますね。

このページの先頭へ